ウォーターサーバーの仕組み

2016-07-07

ウォーターサーバーは基本的に冷水と温水、二つの機能が付いています。
たまに冷水だけの物もありますが、冷水と温水どちらも備えているのが基本構造です。
ではどうして必ず冷水と温水があるのか、その理由を知ってみましょう。
ウォーターサーバーの構造
最初にタンクの構造から説明しましょう。
まず、ウォーターサーバーには冷水タンクと温水タンクがあります。
二つのタンクに冷水と温水を入れる事で、冷水と温水を使い分けられるという事です。
そしてこの構造のおかげで、いつでも瞬時に冷水と温水を使用する事が可能になっています。
また、タンクは基本的に冷水と温水で大きさの違うケースがほとんどです。
一般的には冷水タンクの方が大きく、多くの水を入れる事が出来ます。
冷水と温水に分ける意味
もし一つのタンクで冷水と温水を作るとしたら、どうなるでしょうか。
当然、いちいち水を温めたり冷ましたりしなければいけません。
そんな事をやっていたら、水の質や衛生面が著しく下がります。
だから二つのタンクに分け、独立した構造を作っている訳です。
こうして冷水と温水が使い分けられる事も、ウォーターサーバーの魅力でもあります。
いつでも冷水と温水が使える
キンキンに冷えた水が飲みたい! 温水を使ってミルクを作りたい!
そんな時ウォーターサーバーがあれば、すぐに使う事が出来ちゃいます。
特に温水に関しては、いちいちヤカンを使って沸騰させて……。
という面倒な手間が省けるので、生活の中で手軽に水を使えます。
ウォーターサーバーのタンクが分かれている理由とメリット、分かって頂けましたか?

Copyright© 2011 便利なウォーターサーバーをもっと使いこなそう All Rights Reserved.